大阪の大学生向け賃貸マンションならINOVE

大阪で上手な学生マンション探しのポイントを解説します

借りる

関西圏を代表する一大都市である大阪には、数多くの大学が立地しています。


遠方から大阪に進学するのであれば、これを契機に一人暮らしをする学生も多いことでしょう。


学生向けの賃貸マンションを探すには、実はちょっとしたコツがあります。


このポイントを踏まえた上で、間違いのない部屋探しをすすめましょう。


 


この記事は大阪で創業50年以上の第一住建グループが運営する不動産ワンストップサービスINOVEの学生賃貸サイトが提供しています。


 


大阪で学生マンションを探すポイントは?



大阪には多くの大学や専門学校が立地し、このため学生向けの賃貸マンションも数多く存在しています。


交通網が充実していることも相まって、やみくもに調べていては絞り切れないほどの物件を目にすることになるでしょう。大阪で学生マンションを探すのであれば、それに特化したWEBサイトを利用して希望の条件を整理していくことがポイントです。


学生マンションを探すなら、こちらの記事もご覧ください。


 


学生限定のマンション


学生マンションとは、単身者用の賃貸マンションの中でも入居者を学生に限定した物件のことを指します。


キャンパスに近いなど学生にとって利便性の高い条件が整っていることはもちろん、生活リズムの異なる社会人やファミリー層がいないことで、近隣とのトラブルの心配が少ないこともメリットです。


進学に伴って大阪で一人暮らしをするならば、まずは学生マンションを探してみることをおすすめします。


 


徒歩圏内か、路線で探すか


大阪府内は交通網が充実しているため、キャンパスからの徒歩圏内だけでなく鉄道を利用した通学も可能です。


通学するキャンパスが都心部に立地している場合などでは、一定の距離を想定したほうが住環境や家賃の面でメリットが生じやすいといえます。


しかし、学生の場合にはキャンパス周辺が好まれる傾向があることも覚えておきましょう。


オンとオフが明確なビジネスマンと比較すると、学生の場合にはオフの時間でも大学を介した友好関係がメインとなるケースが多いためです。


まずはINOVEを利用して、進学する大学の通学に便利なマンションを見てみましょう。


 


駅近物件は住環境に注意


駅に近い物件は交通の利便性が高いだけでなく、飲食店などの立地も見込まれるため、それだけ人気が集中します。


一方で、利便性の高い駅近物件は家賃が高くなる傾向があり、住環境の面でも住宅地に比べて劣りがちです。


大学周辺でマンションを探す場合には、駅から離れていても生活に必要な店舗などが揃っているケースが多いですから、頻繁に鉄道を利用する見込みでなければ、駅近にこだわりすぎないこともメリットにつながります。


 


まずはオンラインでお部屋探し


進学する大学が決まったら、まずはWEBサイトで情報収集を始めましょう。


とはいえ、土地勘がないエリアでキャンパスの立地を頼りにマンションを探すのは至難の業でもあります。


そんな時には学生向けの賃貸マンションに特化したINOVE等の利用がおすすめです。


 


学生マンションを探すタイミングとは



賃貸物件といえば、転居が確定してから探し始めるのが一般的です。


しかし学生の部屋探しに関していえば、進学を希望する大学が決まった段階で情報収集を始めましょう。


入学シーズンは多くの入居希望者が同条件で部屋探しをする特殊な状況です。


合格発表を待っていては、希望の条件に合致するマンションはすでに契約された後かもしれません。


 


AO入試や推薦入試で大学が決まる人


AO入試や推薦入試など早期日程の試験で入学が決まった場合には、早めに契約してしまうのが理想です。マンションの賃貸では、希望の物件に賃貸の申し込みを入れ、保証人などを含めた条件が整った段階で賃貸借契約を結びます。


申込をした状態では借りられることが確定しているとは言えない状況ですから、入居を確実にするためには契約手続きまでを行う必要があるのです。


 


一般入試で大学が決まる人


2月から3月にかけて行われる一般入試で受験するのであれば、学生マンションは合格発表の前に探しましょう。合格発表を待っていては、住環境や利便性などの条件の良いマンションはすでに契約されてしまっている恐れがあります。


特に国公立大学は注意が必要です。私立大学よりも合格発表の時期が遅いため、マンション探しから引っ越しまでの時間もほとんどありません。志望校を決めた段階で、入試前にWEBサイトでの情報収集を始めましょう。


 


フリーレントで早めに契約も可能


希望の物件への入居を確約するには契約手続きが必要と記しましたが、契約完了後には家賃の支払い義務が発生します。できるだけ早い時期に探し始めるのが得策ではありますが、入学までの空白期間にも家賃が必要になるのがデメリットです。


物件によっては、一定期間の家賃が無料になる「フリーレント」を採用している物件も少なくありません。


1〜2カ月のフリーレントが設定されていれば早期に契約しても出費を抑えることができますから、安心してマンションを確保できます。


 


内見までに希望条件を固めよう



情報収集を進めていくと、マンションごとにさまざまな特徴を打ち出していることが目に付くでしょう。しかし、すべてのアピールポイントが自分にとって意味を持つものとは限りません。実際に現地で部屋を見る前に、優先すべき希望条件を固めておきましょう。


 


自分にとってのこだわり条件を決めておこう


一般的に「人気」といわれる物件は「多数派に好まれる条件を満たしている」といえますが、キャンパスまでの距離や住環境に対する感じ方は人によってさまざまです。情報収集の際には、自分にとって重要な、優先したい条件を整理しておくことが大切です。自炊をしたいのであれば、1口のコンロでは物足りないでしょう。


セキュリティが気になるのであれば、オートロックを備えたマンションが安心です。


このようなこだわりは、人気だけでは計れません。優先順位の整理は、間違いのないマンション探しで最も重要なポイントといっても過言ではありません。


 


オンライン内見を活用しよう


進学を控えたシーズンは、情報収集や内見のために現地に赴くのは困難なケースが多いでしょう。特に遠方から転居するようなケースでは、何度も大阪まで足を運ぶのは得策とはいえません。


このような場合にはインターネットを有効活用するのがおすすめです。オンライン内見では、テレビ電話を使ってリアルタイムで現地を確認したり、仲介会社のスタッフからの説明を受けたりすることができます。


WEBサイトを利用した俯瞰的な情報収集だけでなく、特定の物件を深く知りたいときに有効な手段です。


 


現地で確認すべきポイントは


内見で現地に赴く際には、希望の間取りや設備の条件、キャンパスや駅へのルートなど事前にネットで得られる情報はすべて把握しておくことが重要です。現地で確認すべきポイントは日当たりや騒音、利用する徒歩経路の雰囲気など「体感しなければ分からない」ポイントに絞っておくことが間違いのないマンション探しのコツといえます。


 


大阪の学生マンション探しはINOVE



大阪府で学生マンションを探すなら「INOVE」を活用しましょう。


INOVEは、学生向け賃貸マンションに特化したWEBサイトです。


学生専用の物件や通学の利便性の高い物件を掲載しており、遠方からの進学でも安心して一人暮らしの物件を探せます。


 


大学ごとに検索できるWEBサイト


INOVEの大きな特徴の一つが、大学ごとに利便性の高い物件を集めた特設ページです。


「近畿大学特集」「関西大学特集」「大阪公立大学特集」「大阪産業大学特集」など、進学する大学を選ぶだけで条件に合致した物件を探すことができます。さらには沿線検索、エリア検索などの機能も備え、アルバイトなども考慮した広範囲での検索も容易です。


希望の大学が決まったら、まずはINOVEにアクセスしてみましょう。


 

NEW ENTRY

HOT ENTRY

簡単 60
来店予約